スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K-BALLET COMPANY 2013 「ジゼル」

海ネタの続くブログですが、今日は芸術鑑賞ネタ(*^_^*)

私の愛するK-Ballet Company 2013 Spring Tourの演目は「ジゼル」
ほぉー何度見たことやら・・・

もちろんアルブレヒトは熊川哲也さん
ジゼル役は佐々部佳代さん ものすごくかわいい方です(*^_^*)
アルブレストのライバルというかジゼルに片思いのヒラリオンはS.キャシディ
・・・・・

村人ジゼルは侯爵であることを隠していたアルブレヒトに裏切られ、深い絶望のあまり狂気に至り、ついには息絶える。
もともと心臓の弱かったジゼル、踊り狂ってしまってバタリ。。。。

この狂気にいたりバタリのシーンがやはりどれだけ魅せられるかってところでジゼルの舞台は決まるなぁーと思って見ているので食い入るように見てしまう。

やはりはぁーと舞台に吸い込まれてしまったのはヴィヴィアナの踊ったジゼル
肉体と魂がかけ離れてしまっているのが痛いほど感じたことを覚えている。

今回は・・・・
なんか、すごく、今までみたジゼルとは違う解釈で踊っていらっしゃるのか?!
ジゼルのか弱さ、つんとつついたらがらがらがらーーーーと粉々になってしまうようなあの儚さ
はなかったような印象。

同じ演目でもダンサーによって解釈があるのだろう。
この辺は漫画Swanで真澄がいつも解釈に悩んでいたので現実はそうなのではないかと・・・・
ちなみに私がバレエを生で見るようになったことの理由のひとつが漫画「Swan」 有吉京子著

いやーしかしジゼルはいい!
まっ、どれもいいのだけれど。
Kバレエの舞台はいつみても全てが美しい。
自分まで優雅になったような、夢の世界

これだけ見ているのだから、もうちょっと所作の美しい女性になりたいものだ。。。。

先日ETV Swichインタビュー 達人たち 熊川哲也×藤田晋
録画ミスで半分しかみれなかったけど・・・

またまた俺さま発言で出る杭は打たれる!かもしれませんが

私はみょうーに納得してしまった。
やはり上に立つ人間はこれくらいでなければね。
“これ”って自信のあるもの、自分の中でいい!と確信していることだからこそ
俺様発言できるのだろう。

バレエの敷居が高いなら、勉強してついてこい!
あえて目線を低くして皆さんどうぞ(*^^)v
というスタイルではないのだ。

それでいいのだと思う。

今は社会が優しいからね。
誰でも出来る誰でもわかるみんな一緒におー!
なんてこと言ってたら何も育たないし、面白みゼロ

バレエにしても日本の芸術歌舞伎や能、狂言などなど
それぞれの歴史、そこを生きてきた人達のこと知りたいなら学べばいい
それらを受け継いでその時代を再現してくれている人たちに敬愛の念で舞台に向かいたい


その数日後、能だったか狂言だったか?(定かでない)
最近は現代語で演じているというのを見かけた。
まずは現代語で知ってもらって、さらに深めてもらえればいいという主旨なのだろうかな。

いやいやダメでしょ、
とTVを見ながら思ってしまった。

やはり後世に残していくものは熊のような俺さまスタイルって必要なんだな。。。
と改めて感じたのだった。。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Tomomi

Author:Tomomi
横浜のはり灸師の日々オフブログ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。