スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ドン・キホーテ」 K-Ballet Company Autumn tour 2012

Autumn Tour 2012 「Don Quixote」

     20121019donqui.jpg


K-comapanyの「ドン・キホーテ」何度目になるか?
今回もわくわくしながらこの日を待っていたー(^○^)

何度見てもまた観たくなるねー。

劇場に到着して「えっ?」
この演目でこの席???

最前列 ド真ん中(+o+)
いいのだろうか?いいのだろうか?

幕が開く前、指揮者の井田勝大さんがぴょこりと顏を現し、目の前でこんばんは
思わず、宜しくお願いします、と言いたくなる。

音楽が始まる、うぉー幕が開く。

バレエを観る時は前列グループの真ん中の席が見やすい
などどついつい最近話したばかりなのだが、
いやーいいわ。
自分の為に踊ってくれているのではないかという錯覚さえ感じてしまう(笑)うははー

音楽・舞台装置・照明・衣装 そしてキャストどれもこれも「いいね」

装置、衣装が細部まで見えるけれど、ほんと美しい~
以前衣装などの展示会に行って、その美しさに見とれたけれども、ダンサーが身に着けて踊ることで衣装が生き生きしてくるのを改めて実感。。。


主なキャスト

キトリ:荒井祐子さん
バジル:熊川哲也さん
ドン・キホーテ:スチュアート・キャシディ
サンチョ・パンサ:小林吉明
ガマーシュ:ビャンバ・バットボルト
メルセデス:浅野真由香
エスパーダ:宮尾俊太郎
ロレンツォ:ニコライ・ヴィユジャーニン
花売り娘:白石 あゆ美/佐々部佳代
ドルシネア:浅川紫織

森の女王:松岡梨絵
キューピッド:日向智子


コミカルなバレエが踊れる人って上手いなぁーと思うのですが、
サンチョ・パンサ:小林吉明さん、ガマーシュ:ビャンバ・バットボルトさん ロレンツォ:ニコライ・ヴィユジャーニンさん
舞台の雰囲気を作っているなぁーと思う



熊川哲也さんは今回もぐるんぐるんぴょんぴょん
今日はこのくらいやったる!!
てな具合に余裕を魅せる。
回転力・躍動力・滞空力・手の先、足の先まで全て美しい
やはりスターなのだ。

んーなんか物足りなさのあるキャストも・・・・
生意気なコメントをすれば、エスパーダの宮尾俊太郎さん エスパーダの役には細すぎるのかな?恰幅がないのかな?
緊張しているのかな?顔のつくり方かね。

以前観たエスパーダ役・スチュアート・キャシディのバレエが脳裏をくるくるしてしまう。

もう少し堂々として欲しかったなぁー
素敵なルックスだし人気もある方なのでもっとバレエに生かして欲しいなぁーという感想。

と、舞台はスターがいるだけではダメなのよね。
すべて調和がとれてひとつの舞台。
がんばれー俊太郎!!(なんて)


こういうスポットライトをガンガンに当たる人生・運命ってどうなんだろう。
なんてふとカーテンコールで思ってしまったけれど、
荒井祐子さんがお一人でカーテンの隙間から出てこられて、パシーっとライトを浴びている姿はとても美しかった。


さてさて、また次の公演までお会い出来ることを楽しみにしています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Tomomi

Author:Tomomi
横浜のはり灸師の日々オフブログ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。