スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年 夏!

はぁー明日で8月も終わりですね~
夏は好きなはずなのに・・・年々暑さに弱くなっているモチヅキです(-_-;)
個人事業主に夏休みなんかないのさ。って勝手に休まないだけなんですが・・・

夏の終わりのお楽しみは「K-Ballet company Triple Bille♪」

        20120830K-company.jpg


≪Rhapsody≫~ラプソディ
≪Wolfgang≫~ウォルフガング
≪The Dream≫~真夏の夜の夢

ゴージャスな演目

数日間の公演のうち、大好きなラプソディを熊川哲也が出演する日をチョイス。

セルゲイ・ラフマニノフ「パガニーニの主題による狂詩曲 
振付 サー・フレデリック・アシュトン
出演 熊川哲也 佐々部佳代 他

なにが?どうで!どうだ!ということは私の乏しい語彙ではお話できないけれど、ぐわーっと心に響く作品のひとつ。
どうしてこの衣装なのだろうか?と毎回思うのだけれど、これなのだ。
赤に黄色 全多的にべた色を使っている。きっとここにも意味はあるのだろう。

初演は振付家フレデリック・アシュトンがミハイル・バリニコフに

「君のできるステップを全部持ってきてくれ」と告げたという。

それだけ技量を必要とされる演目なのだろう。(実際踊らない、いや踊れない私にはどれだけ大変なことなのか?はわからにが)

何度見てもまた見たい演目のひとつ。(そうでない演目を探す方が難かもしれないが(^_^.))

こうして観劇した後もまたDVDで見直してしまう。

しばらくラプソディ色に浸りながら過ぎゆく夏を過ごしていくことにしよう。


≪Wolfgang≫ 伊坂文月 ニコライ・ウィユウジャーニン 渡部萌子
≪真夏の夜の夢≫ 荒井祐子 秋元康臣 橋本直樹

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Tomomi

Author:Tomomi
横浜のはり灸師の日々オフブログ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。