スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンモノ探し

「続・悩む力」 姜尚中著

悩む力に引き続き、続編が出版された。

その中で“ホンモノ探し”について書かれているのだが、
現在「第三次ホンモノ探し」が起こっているらしいのだ。

自分自身を探求するアイテムは確かに巷にあふれている。
そして、“今”の自分は決してホンモノの自分ではないという。

「私の今の姿は違うんです。本当にやりたいこと、本当に生きたい姿勢は今の私ではないのです」

そんな言葉もそういえばよく聞く。

ということは今ここにいる自分はニセモノということだ。

こりゃ大変だ。。。

ニセモノと毎日付き合っているとしたら、ホンモノの自分になるためにどうしたらいいものかとあれやこれやと悩む日々は続くだろう。

社会の中でホントウにやりたい仕事ではないものをホントウでない自分が演じているとしたらそれはそれは苦しい日々だ。

そのうち仕事が出来なくなったり、日常生活が送れなくなっていくのかもしれない。


ホンモノの自分ってなんだろう?

未来に描くホンモノの自分。

こんな風になりたい。
こんな風に生きたい。

未来の自分を見つめる自分は第三者的だ。

でも未来の自分を作るのは“今”の自分であって、ニセモノはホンモノにはなり得ない。

蟹カマは未来も蟹にはなり得ない。
レバ刺風蒟蒻は未来もレバ刺しにはなり得ない。

“今”の自分がコツコツ生きた結果が未来の自分。


過去の自分を振り返った時、出会った出来事、出会った人々どれも無駄だと感じるものはない。
と感じるのは私だけだろうか?
楽しい思い出も苦しい思い出も、あーーあれがあったから今の自分が成り立っているんだなぁーとつくづく感じる年頃だ。


「ホンモノを探せ」と叫び、私たちをあおっているのは誰なのでしょう。それは資本主義です。このスキのない魔物のようなシステムは、「商品となるもの」を見つけ出して利用するのが、とてもうまいのです。ことに“不安”の匂いのするものを利用するのが、とてもうまいのです。


今の自分が嫌い、今の自分が本来の姿ではない

と嘆くよりも、今の自分を愛おしんであげたら明日はホンモノの自分に出会えるかもしれない。



スポンサーサイト
プロフィール

Tomomi

Author:Tomomi
横浜のはり灸師の日々オフブログ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。